千葉・東京 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉・東京の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

ホームページ掲載施工事例2022年08月現在

施工事例774
お客様の声33

外壁の汚れの原因と補修方法

建物は日頃から紫外線や雨風などの影響を受けているため、様々な劣化症状を引き起こします。そして砂やホコリ、汚れなども時間の経過とともに蓄積していきます。

建物の汚れをそのまま放置してしまうと、美観を損なうだけではなく、耐久性が低下してしまう可能性もあるので注意が必要です。

このページでは、外壁の汚れの原因や洗浄方法などについて説明します。

外壁の汚れについて

外壁は、新築から時間の経過とともに汚れが蓄積されていきます。汚れをそのまま放置してしまうと、美観を損なうだけでなく、外壁を保護している塗膜が劣化してしまう原因にもつながります。

劣化が進行すると塗膜のひび割れや剥がれが発生し、防水機能が損なわれてしまう可能性があるので注意が必要です。

建物には、窓まわりのサッシや換気口など汚れが付きやすい場所や、日当たりの良し悪しや周囲の環境によっても汚れやすさが違うので、塗膜の劣化を防ぐためには、汚れの原因を理解し、早急に塗装が必要な状態なのかを見極めることが大切です。

外壁の汚れの原因

雨だれ

雨だれは、窓のサッシや換気フードの下などに薄黒い筋ができる現象です。外壁や屋根に蓄積したホコリや排気ガスなどの汚れは雨で流されますが、汚れが全て流れ落ちずに、窓のサッシなど雨水が集中する部分に汚れが残ってしまうことが原因で発生します。

雨だれは、そのまま放置するとこびり付いて落ちにくくなり、高圧洗浄機などを使わなければ落とすことが難しくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

コケや藻、カビの発生

コケや藻は、ある程度日当たりがあり、湿気が溜まりやすい部分に発生しやすく、山が近いエリアなど建物の近くに草木がたくさん生えているような環境の場合には、藻やコケの胞子が飛んできて外壁に付着してしまう可能性があります。

また、カビは日当たりの悪い箇所や風通しが悪い箇所など湿気が溜まりやすい部分に発生します。北面の外壁や屋根は、日当たりが悪く湿気が溜まりやすいため注意が必要です。

サビの発生

サビは、金属が雨水などによって腐食することによって発生します。外壁が金属製でなくとも、外壁に立てかけられた脚立や自転車、外壁に取り付けられた金属製の電灯などのサビが外壁に移ってしまう「もらいサビ」が発生することもあり、一度付着すると落ちにくいため注意が必要です。

ホコリや排気ガス

ホコリや排気ガスは、普段は目に見えない小さな汚れですが、時間の経過とともに汚れが蓄積され、茶色や薄黒くくすんでしまいます。

特に車の通りが多い大通り沿いなどに建物がある場合は、汚れが付きやすいため注意が必要です。汚れを放置してしまうと、色素が外壁に吸収され落とすことが困難になってしまいます。

外壁に汚れが付きにくい塗料

汚れが付きにくい塗料

外壁に使う塗料には、特殊な機能を持った機能性塗料というものがあります。機能性塗料の中の低汚染機能やセルフクリーニング機能が備わった塗料には、汚れが付きにくいという特徴があります。

このような塗料は、親水性が高く、水になじみやすい性質があるため、汚れが塗膜に密着せずに雨水で洗い流すことができます。

汚れが付きやすい塗料

汚れが付きにくい塗料とは反対に、汚れが付きやすい塗料もあります。塗膜が柔らかく伸びる弾性塗料は、汚れが付着すると落ちにくいという特徴があります。

また、光沢が少ない艶消し塗料も、光沢のある艶あり塗料に比べて、汚れやゴミが付着しやすいという特徴があります。

洗浄方法

ブラシやスポンジで水洗いする

軽度な汚れであれば、ブラシやスポンジを使い水洗いすることで、汚れを落とすことができます。水洗いでは汚れが落ちにくい場合には、外壁用の専用洗剤を使用することで汚れが落ちやすくなります。

しかし、外壁を強く擦り過ぎてしまうと傷ができる可能性があるので注意が必要です。また、洗剤を使用した場合は、洗剤が外壁に残ってしまうと塗膜の劣化を早めてしまう可能性があるので、洗い流しは入念に行いましょう。

高圧洗浄機で洗う

家庭用の高圧洗浄機がある場合は、ブラシなどで手洗いするよりも効率的に汚れをに落とすことができます。

しかし、高圧洗浄機は、近隣に水が飛散しやすく、水圧を強くしてしまうと外壁の表面を傷つけてしまったり、窓や換気口から水が侵入してしまう恐れもあるので、取り扱いには注意が必要です。

業者に依頼する

専門の業者は、外壁や洗浄の知識や経験も豊富なため、外壁の損傷や建物内部へ水が侵入しないよう、高圧洗浄機の水圧を適切に調整し洗浄を行います。また、カビや汚れが酷い場合には、強力な薬品や洗剤を使用することができます。

さらに、手の届かないような高い場所も足場をかけて安全に洗浄作業を行います。高所の掃除は危険が伴いますので、プロにお願いすることをオススメします。ただ、足場の費用が発生しますので、足場を設置する場合は、塗装も一緒に行うと効率的です。

まとめ

外壁が汚れる原因は様々ですが、汚れを放置してしまうと汚れが定着し落ちにくくなるだけではなく、塗膜の劣化にも外壁を保護している塗膜が劣化してしまう原因にもつながります。

劣化が進行すると塗膜のひび割れや剥がれが発生し、防水機能が損なわれてしまう可能性があるので注意が必要です。

軽度な汚れであれば、ブラシや家庭用の高圧洗浄機を使い汚れを落とすことができます。ただ、汚れを自身で手作業で落とすことは大変な重労働ですし、強く擦り過ぎてしまうと外壁を傷めてしまう危険性もあるので、外壁の汚れが気になる場合には、業者へご相談されると安心です。

また、業者へ外壁の洗浄を依頼するのを機に、再塗装をされる場合には、低汚染機能やセルフクリーニング機能が備わった塗料を選ぶことで、外壁の汚れ対策につながります。汚れが付きにくい塗料は、建物が汚れが付きにくく、お手入れもしやすくなるのでオススメです。

寿々家コーポレーションでは、経験豊富な塗装のプロが責任を持って施工しますので、お気軽にご相談ください!

8つの理由 ショールーム ドローン赤外線調査    

お知らせ

サービス

お役立ちコンテンツ

インフォメーション

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 スリップバスター 外壁塗装110番 外壁塗装・リフォームならヌリカエ 地域新聞の外壁塗装 塗装専科
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る