千葉・東京 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉・東京の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

屋根塗装で行う縁切り・タスペーサーの価格や単価

屋根塗装には様々な工程があり、屋根材の種類によっては「縁切り」という作業が必要になってくる場合があります。直接塗装に関わっている工程ではありませんが、手を抜くと雨漏りの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

このページでは、実際にどのような作業を行うのか、縁切り・タスペーサーの必要性について紹介します。

縁切りとは

縁切りとは

  • 縁切りとは、新しく塗装した塗料で屋根材の隙間が埋まらないようにする作業です。

    スレート屋根のように板が一枚一枚が重なり合っている屋根材は、板の繋ぎ目に隙間ができています。そして、その隙間は雨水を排水するための大きな役割を果たしています。

    しかし、塗装をすると塗料で隙間が埋まって雨水の通り道が塞がれてしまうので、縁切りを行い隙間が埋まらないように切り離していきます。

縁切りをしないケース


新築後、初めて塗り替えをするときは屋根材に十分な隙間があるため、縁切りを行わないケースが多いです。2回目以降は、塗料によって屋根材に厚みが出てしまい隙間が狭まってくるので、縁切りが必要になります。

また、急こう配の屋根の場合は自然と雨水が下に流れていくので、縁切りを行わなくても問題ありません。


縁切りをしないと雨漏りの原因になる?

  • 屋根材の重なり合った部分の隙間は、内側に入り込んだ雨水を排水する役割があるため、塗装によって隙間が埋まってしまうと雨水が内側に溜まった状態になります。

    これは「毛細管現象」と呼ばれる、狭いところに水が吸い上げられる現象によって起こり、入り込んだ雨水はいずれ防水シートや野地板に染み込み、最終的には建物が腐食して雨漏りが発生してしまいます。

縁切りの工法と費用

縁切りの工法には「縁切り工法」と「タスペーサー工法」の2種類あります。

従来の縁切り工法


従来の縁切り工法とは、塗装が乾いた後にカッターナイフや皮スキと呼ばれる専用の道具使って、塞がった部分を切って隙間を空けていく方法です。

ただ乾いた塗膜を切っていく作業は非常に時間がかかり、2人で行っても終日必要になります。また、切った部分がギザギザになってしまったり、屋根が汚れてしまう可能性があるため、現在ではあまり採用されない工法です。

費用は㎡あたり600円~800円が相場で、一般的な戸建ての場合30,000円~60,000円程度となります。


タスペーサー工法


タスペーサー工法とは、下塗りが終わった段階でタスペーサーと呼ばれる器具を隙間に挿入して、中塗り・上塗りで隙間が埋まるのを防ぐ方法です。

従来の工法とは異なり、塗装後に切っていく作業は不要なので、屋根を傷つけたり汚してしまう心配はありません。さらに、作業時間が短縮されるので人件費を抑えることもできます。

従来の工法と比べてメリットが多いことからも、タスペーサー工法は現在の主流となっています。

費用は㎡あたり300円~500円が相場で、一般的な戸建ての場合20,000円~40,000円程度となります。


まとめ

縁切りは、雨水を排水して建物内部に溜め込まないようにするための重要な作業です。縁切りを怠ってしまうと、雨漏りが発生する恐れがあります。

工法は2種類あり、現在主流なのは作業時間がかからず、仕上がりも綺麗になるタスペーサー工法です。業者の中には縁切りが必要なのにもかかわらず、手抜き工事をして縁切りを行わない悪徳業者もいるので、見積もりを依頼する際は作業内容をしっかりと確認するようにしましょう。

8つの理由 ショールーム ドローン赤外線調査    

お知らせ

サービス

外壁・屋根塗装の基礎知識

塗装業者について

塗装の価格や見積り

塗料グレード別、耐用年数と単価

色選び

雨漏り調査・補修

インフォメーション

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 スリップバスター 外壁塗装110番 外壁塗装・リフォームならヌリカエ 地域新聞の外壁塗装 塗装専科
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る