千葉・東京 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉・東京の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

ホームページ掲載施工事例2021年11月現在

施工事例707
お客様の声34

油性(強溶剤、弱溶剤)と水性塗料の特徴

塗料には様々な種類がありますが、外壁・屋根塗装で使用する塗料には大きく分けると「油性」と「水性」の2種類があります。その中でも、油性塗料は「強溶剤」と「弱溶剤」の2つに分類されます。それぞれ特徴や性能が異なるため、建物の状態や周囲の環境に合わせて適した塗料を選ぶ必要があります。

このページでは、油性塗料と水性塗料のそれぞれの特徴のついて紹介します。

油性塗料と水性塗料の違い

外壁・屋根塗装用の塗料には、「顔料」「樹脂」「添加物」が含まれていますが、そのままでは粘度が高いため、外壁や屋根に塗りことはできません。

そのため、塗料の原液に液体の「希釈剤(溶剤)」を混ぜて薄め、塗りやすくします。塗装後乾燥させ、希釈剤を蒸発させることで、塗料だけが塗装面に密着します。

この塗料の原液を薄める為の希釈剤に「水」と「シンナーなどの有機溶剤」のどちらを使用する塗料かで、水性塗料と油性塗料に分類されます。

油性塗料の特徴

油性塗料とは、塗料の原液を薄める為の希釈剤に「有機溶剤」主にシンナーなどを使用する塗料のことです。

その中でも、油性塗料にはラッカーシンナーなどの溶解力が強い「強溶剤塗料」とシンナーの中でも刺激が少ない塗料用のシンナーを使用した「弱溶剤塗料」の2種類があります。

水性塗料の特徴

水性塗料とは、塗料の原液を薄める為の希釈剤に「水」を使用する塗料のことです。シンナーなどを使用しないので油性塗料に比べ、臭いが少なく人体や環境への影響が少ないという特徴があります。

油性塗料(強溶剤)のメリット・デメリット

油性塗料(強溶剤)は、ラッカーシンナーなどの溶解力が強い有機溶剤で希釈し使用する塗料です。取り扱いに非常に注意が必要なため、戸建て住宅の塗装で使用されることはほとんどありません。

メリット

乾燥が早く密着性が高いため、耐久性に優れているというメリットがあります。また、塗装後の仕上がりは、光沢感のある仕上がりになります。

そのため、高層ビルやタワーなど頻繁に塗り替え行うことが難しい大型建築や耐久性が必要なサビやすい橋などの塗装に使用されています。

デメリット

溶解力が強い有機溶剤を使用するため臭いも強く、有機溶剤には引火性が高いという性質があるため、保管場所などの管理に十分注意する必要があります。

また、有機溶剤には健康や環境に影響を及ぼす「VOC(揮発性有機化合物)」という有害物質を排出するため、施工する際には周囲への十分な配慮も必要です。

油性塗料(弱溶剤)のメリット・デメリット

油性塗料(弱溶剤)は、強溶剤と比べ溶解力が弱い有機溶剤で希釈し使用する塗料です。戸建て住宅でもよく使用されるタイプの塗料です。

メリット

密着性が高いため、耐久性に優れている、艶が綺麗に出るというメリットがあります。また、強溶剤に比べ、臭いが抑えられ人体や環境にも影響が少ないという特徴があります。

さらに、密着性に優れているため水性塗料に比べ、金属などの幅広い下地材に対応することが可能です。

デメリット

水性塗料に比べると、臭いが気になるというデメリットがあります。また、強溶剤に比べると塗料の乾きが遅いという特徴があります。

水性塗料のメリット・デメリット

水性塗料は、水で希釈し使用する塗料です。一昔前までは、圧倒的に油性塗料の方が耐久性が高く、水性塗料はほとんど使用されていませんでした。しかし、水性塗料の開発が進んだため、現在では、耐久性や価格帯に大きな差はありません。

メリット

希釈剤に「水」を使用するため、臭いが少なく人体や環境柄の影響が少ない、有機溶剤を使用しないので引火の危険性がなく、素人でも扱いやすく保管もしやすいというメリットがあります。

また、希釈剤に有機溶剤ではなく、水を使用するため、工事費が安いという特徴もあります。

デメリット

水性塗料は、鉄や金属などを塗装すると塗料が弾いてしまうため、塗装できる下地材が限られている、油性塗料に比べ、艶が落ちるのが早い、あまりにも温度が低いと硬化機能が貧弱になり、最大限の性能を発揮できないというデメリットがあります。

また、完全に硬化するまでは水に弱いという傾向があるため、天候をしっかりと見極めて塗装作業を行う必要があるという特徴があります。

油性塗料と水性塗料どちらがいいの?

一般的には、仕上がりに光沢感を出したい場合や高い耐久性を希望する方は油性塗料、近隣への臭いなどの影響やお子様やペットなどへの健康面などを気にされる方は水性塗料をオススメします。

油性塗料と水性塗料にはそれぞれにメリットやデメリットがあるため、それぞれの特徴を理解し状況によって使い分ける必要があります。

まとめ

油性塗料と水性塗料の大きな違いは、希釈剤に「水」と「シンナーなどの有機溶剤」のどちらを使用する塗料かの違いです。

現在では、人体の影響が少ない水性塗料が主流となりつつありますが、水性塗料では塗装が難しい下地材もあるので、それぞれの状況や環境に合わせて塗料を選ぶことが重要です。

8つの理由 ショールーム ドローン赤外線調査    

お知らせ

サービス

お役立ちコンテンツ

インフォメーション

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 スリップバスター 外壁塗装110番 外壁塗装・リフォームならヌリカエ 地域新聞の外壁塗装 塗装専科
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る