千葉市緑区 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉市緑区の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
           
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

無機塗料の特徴と単価

無機塗料は7種類のグレードの中で最も耐用年数が長く、少しずつ注目を集めている塗料です。戸建住宅で使用されることまだ少なく、詳しく知らない方も多いかと思います。

このページでは、無機塗料のメリット・デメリットやどのような建物に向いているのかなどを紹介します。

無機塗料はどんな塗料なのか?

無機塗料は無機物(石やレンガ、ガラスなどを含まない物質のこと)を配合した塗料で、無機物自体は紫外線で劣化しないため、高い耐久性を維持することができます。

ただし、無機物だけでは固くて塗ることができないため、有機物も配合して塗料は作られています。

有機物は、劣化してしまうので塗膜にも寿命がきてしまいますが、それでも無機物の効果により他の塗料に比べると耐久性がとても高いです。

【メリット1】耐用年数が長い

無機塗料の耐用年数は20~25年と塗料の中で最も長く、フッ素を越える耐久性を持っています。塗り替えの回数を減らすこともできるので、何十年先を考えたときにメンテナンスにかかる時間も最小限に抑えることができます。

【メリット2】汚れにくい

無機塗料は親水性が高いため、外壁に汚れが付着しても雨水が汚れを浮かせて洗い流してくれる特徴があります。さらに、静電気も起こりにくいので、ホコリやゴミを寄せ付けません。

【メリット3】カビやコケが発生しにくい

カビやコケは有機物を栄養源としているので、無機物を使用した無機塗料はカビやコケの発生を抑えることが可能です。また、コケの根から発生する根酸と呼ばれる物質によって、使用されている素材の耐候性を低下させてしまう場合もあるので、建物を守ることにもつながります。

【メリット4】不燃性が高い

無機物は燃えにくい特徴があるため、シリコン塗料やフッ素塗料などの有機塗料より、不燃性が高くなります。ただし、無機塗料にも有機物は含まれていますので、全く燃えないというわけではありません。

【デメリット1】価格が高い

耐久性が高く様々なメリットもありますが、無機物自体の価格が高いので、一度の塗装にかかる費用が高額になってしまいます。ただ、長期的な塗り替え費用を考えると、トータルコストが安くなる場合もあります。

【デメリット2】職人の技術によって仕上がりが変わる

無機塗料本来の効果を発揮させるには、一定の厚みで塗装しなければならないので、職人によって仕上がりが左右されます。これは他の塗料でも同じことが言えますが、下地処理や洗浄などもしっかりと行い、さらに高い技術力を持った信頼できる業者に依頼する必要があります。

無機塗料の施工単価(m2)はいくらくらいか?

弊社では、無機塗料はあまり使いませんが、平米あたりの単価は4,500~5,500円くらいです。

弊社で無機塗料を選ばれるお客様の割合


弊社では、塗料グレード別の使用割合は、アクリル0%、ウレタン0%、シリコン10%、ラジカル制御0%、フッ素80%、光触媒0%、無機塗料10%となっています。フッ素よりも高耐久を望まれるお客様には、無機塗料をオススメしています。

こんな方にオススメする塗料です

とにかく長持ちさせたい方には無機塗料がオススメです。

代表的な無機塗料

ダイヤモンドコート:日本ペイント
アプラウドシェラスターNEO:日本ペイント
ムキフッソ:関西ペイント
セラミタイトペイント:エスケー化研
セラミタイトペイント:エスケー化研
無機ハイブリッドコートJY:アステックペイント
スーパーシャネツサーモF:アステックペイント

無機塗料に関するよくある質問

4.本当に20年もの間、メンテナンスしなくても大丈夫なのでしょうか?

何とも言えません。塗料の耐久性が長いため、外壁は20年以上持つかもしれませんが、付帯部やコーキング材が先に劣化してくるので、全くメンテナンスをしなくて良いとは言い切れないと思います。

1.無機塗料は、ひび割れしやすい塗膜だと聞いたのですが、本当でしょうか?

はい、通常の無機の塗膜は固いです。そのため、ヒビ割れがおきやすい外壁材や住環境の場合は、弾力性や伸縮性が高い有機成分が混ざったタイプの無機塗料をオススメします。

3.相性が悪い外壁材があると聞いたのですが、本当でしょうか?

はい、あります。例えば、無機の塗料によっては、サイディングボードやガルバリウム鋼板、木材などには塗装できないという商品もあります。

まとめ

無機塗料は価格が高く、あまり使用されることはありませんが、高い耐久性や美観を保つこともできるとても優れている塗料です。

ただし、少しでも無機物が配合されていれば「無機塗料」と言えてしまうので注意が必要です。業者の中には「無機塗料なので30年以上持つ」などと言い、大手メーカーの塗料ではなく、上記のような無機物の配合量が少ない、品質の悪い塗料で契約をさせようとする悪徳業者もいます。

特に高額な塗料ですので、詳細が不明な塗料ではなく、大手メーカーの無機塗料を使用するようにしましょう。

8つの理由 ショールーム            

イベント情報

サイトメニュー

   

外壁・屋根塗装の基礎知識

   

外壁・屋根塗装の価格表

   

塗料に関する知識

   

塗装業者について

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る