千葉市緑区 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉市緑区の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
           
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

フッ素塗料の特徴と単価

フッ素塗料は、弊社でも一番使う塗料で、少し前に主流だったシリコン塗料よりも耐用年数が長く、長期的に見ると費用対効果の優れた塗料です。

昔は、とても高価な塗料だったので、メンテナンスの際に手間がかかるビルや大型建造物などによく使用されていました。しかし、発売から年数も経ち価格も安くなってきているため、戸建てでも使われるようになりました。

このページではフッ素塗料の特徴について紹介しますので、長期的に綺麗な状態を保ちたい方はぜひ参考にしてみてください。

フッ素塗料はどんな塗料なのか?

フッ素塗料とは、主成分である合成樹脂に蛍石を原料としたフッ素樹脂が含まれた塗料で、様々な機能性を持っています。

身近なものでは、フライパンや歯磨き粉などにもフッ素が使用されてるため「汚れにくい」「焦げ付きにくい」などといった特徴はイメージしやすいかと思います。

【メリット1】耐用年数が長い

フッ素塗料の耐用年数は15~20年ととても長く、優れた耐久性を持っており、塗料の中でも高グレードの塗料です。

耐久性が高ければメンテナンスの手間も軽減できるので、東京スカイツリーやレインボーブリッジ、後楽園ホールなどの大型建造物にも使用されています。

【メリット2】親水性が高い

親水性とは水と密着する性質のことで、外壁に汚れが付着しても隙間に水が入り込み、雨水と共に汚れを流してくれます。この性質は「低汚染性」「耐汚染性」などとも呼ばれ、汚れにくいという意味を指します。

【メリット3】防藻性、防カビ性が高い

美観を損なう原因でもある藻やカビが発生しにくい性質があります。特に、太陽光があまり当たらない北側は藻やカビが発生しやすいので、防藻性や防カビ性がある塗料はオススメです。

【メリット4】耐候性、耐熱性が高い

フッ素塗料は、外壁に密着して剥がれにくいので耐候性、耐熱性に優れています。耐候性は紫外線や雨風の影響を受けにくく、さらに耐熱性は紫外線の熱に強いため、長期間建物を守ることができます。

【デメリット1】価格が高い

一番のデメリットは機能性に優れている分、価格が高い点です。長期的なコストで考えると塗り替え回数が減るので、結果的にはシリコン塗料よりも安く施工できますが、一度の塗装にかかる費用は高くなってしまいます。

ただし、30年など長い目で見れば、塗替え回数が少なくて済むので、トータルコストは抑えられます。

(例)30年間で考えた場合
フッ素塗料:耐久年数が15~20年程度で1回130万円、2回の施工で260万円
シリコン塗料:耐久年数が10~15年程度で1回100万円、3回の施工で300万円

フッ素塗料の施工単価(m2)はいくらくらいか?

弊社では、フッ素塗料を一番使います。平米あたりの単価は3,300~4,800円と高めですが、耐久年数が15~20年と長いので、長い目で見れば塗替え回数が減り、お得な塗料です。

弊社で使う塗料の内フッ素塗料の割合


弊社では、塗料グレード別の使用割合は、アクリル0%、ウレタン0%、シリコン10%、ラジカル制御0%、フッ素80%、光触媒0%、無機塗料10%となっています。今は、フッ素がメインになっています。

こんな方にオススメする塗料です

築10年前後の初めての塗装で、これからもまだまだ今の家に住む予定の方にはオススメです。

代表的なフッ素塗料

ファイン4Fセラミック:日本ペイント
サーモアイ4F:日本ペイント
セラMフッソ:関西ペイント
クリーンマイルドフッソ:エスケー化研
クールタイトF:エスケー化研
ルミステージ:AGCコーテッック

フッ素塗料に関するよくある質問

1.艶ありしかないと聞いたのですが、本当でしょうか?

いえ、間違いです。確かに艶あり以外の種類が少ないのですが、例えばルミステージのような水性タイプのフッ素だと完全な艶消しもあります。

2.塗膜がヒビ割れしやすい聞いたのですが、本当でしょうか?

シリコンや無機を除く他の塗料に比べると塗膜が固いのは間違いないです。ただし、弾性タイプを使えば、ヒビ割れしやすいということはありません。

3.1度フッ素で塗装すると、次もフッ素で塗装しなきゃダメと聞いたのですが、本当でしょうか?

昔は、フッ素の上からの塗替えはフッ素でなければダメと言われている時期もありました。しかし、今では下塗り材の成功が上がっているため、フッ素以外の塗料でも問題ありません。

ただし、塗替え後で数年しか経っていない場合は、旧塗膜が生きているので、どんなに良い下塗り材をしようしても付着が悪くなることがあります。これは、フッ素だけではなく、シリコンなどの他の塗料でも同じです。

まとめ

フッ素塗料は耐久性や親水性、防藻・カビなど様々な性質があり、とても優れている塗料です。

フッ素塗料で塗装すると塗り替え回数が減り、長期的なコストを抑えることができるので、弊社では一番オススメのグレードです。

8つの理由 ショールーム            

イベント情報

サイトメニュー

   

外壁・屋根塗装の基礎知識

   

外壁・屋根塗装の価格表

   

塗料に関する知識

   

塗装業者について

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る