千葉市緑区 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉市緑区の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
           
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

似てるようで違う「断熱塗料」と「遮熱塗料」の効果の違い

室内の温度を下げたい場合や節約のために「断熱」「遮熱」の機能がついた塗料を検討される方が多くいますが、断熱と遮熱の違いについてご存知でしょうか。同じような機能と思われがちですが、効果はそれぞれ異なります。

このページでは、断熱塗料と遮熱塗料の特徴について紹介するので、ぜひ塗料選びの参考にしてみてください。

断熱塗料と遮熱塗料の太陽光の伝わり方の違い

断熱塗料

断熱塗料は、太陽光を建物内部に伝わりにくくすることによって室温の上昇を抑える塗料になります。さらに、室内の熱を外へ逃がさない機能もあり、夏場は涼しく、冬場は暖かい室内にすることができます。

遮熱塗料

遮熱塗料は、太陽光を反射して、室内に熱が伝わらないようにする塗料になります。室内の温度を下げることができるので、夏場は涼しくエアコンの節約にもなります。

断熱塗料と遮熱塗料の特徴を徹底比較

冬場の保温効果

冬場の保温効果があるのは断熱塗料のみで、遮熱塗料には保温効果がありません。

断熱塗料は熱を伝わりにくくする塗料なので、暖房の熱も外へ逃がさずに室内を暖かい状態で保つことが出来ますが、遮熱塗料は熱を溜め込む機能がないので室内の熱が外へ逃げてしまいます。

耐用年数

耐用年数は一般的に断熱塗料、遮熱塗料ともに15年前後のものが多いです。塗料によって耐用年数は異なりますので、必ず事前に確認するようにしましょう。

断熱塗料と遮熱塗料はこんな方におすすめ!

夏場の室温を2~3℃下げたい

断熱塗料と遮熱塗料を使用した家は、夏場の室内温度が2~3℃下がると言われています。少しでも温度を下げたい方や、エアコンなどの電気代を節約したい方にはオススメです。

最上階の温度を下げたい

家の中で特に温度が上がる最上階に、リビングや寝室がある方にも断熱塗料と遮熱塗料はオススメで、例えば最上階に寝室がある場合は、夏場の寝苦しさを軽減することができます。

また、子供部屋がある場合は、お子様の気温上昇による体調不良などが心配になるかと思いますが、少しでも温度を下げることができれば快適に過ごすことができるでしょう。

天井が吹き抜けている

吹き抜けは屋根からの熱が伝わりやすいので、室内が暑くなってしまうことがありますが、このような場合も塗装をすることで、気温上昇を避けることが出来ます。

金属屋根の家

金属屋根は温度が伝わりやすい特徴があるため、夏場は室内の温度が上がってしまいます。そのため、他の屋根材よりも金属屋根の方が、より遮熱効果を感じることができると言われています。

夏は涼しく、冬は暖かくしたい

夏は涼しく、冬は暖かくしたい方には、断熱塗料がオススメです。夏場は外の熱を室内に伝わりにくくして、冬場は家の中の熱を外に逃がさないので、一年中快適に過ごすことができます。

遮熱塗料には冬場の保温効果はありませんので、間違いのないよう注意してください。

代表的な塗料

断熱塗料

日進産業:GAINA(ガイナ)

遮熱塗料

日本ペイント:サーモアイ4F、サーモアイSi
関西ペイント:アレスクールF、アレスクールSi
アステックペイント:スーパーシャネツサーモF、無機ハイブリッドコートJY-IR
エスケー化研:クールタイトsi
日本中央研究所:アドグリーンコート

まとめ

断熱塗料と遮熱塗料は似ていますが、断熱塗料は熱を伝わりにくく、遮熱塗料は熱を反射して伝わらないようにするものになります。

夏場に温度が下がるという点では同じですが、冬場の保温効果は大きく異なりますので、それぞれの特徴と違いをしっかりと把握することが大切です。

また、塗料ごとに価格や耐用年数は異なりますので、塗料を選ぶ際はしっかりと確認するようにしましょう。

8つの理由 ショールーム            

イベント情報

サイトメニュー

   

外壁・屋根塗装の基礎知識

   

外壁・屋根塗装の価格表

   

塗料に関する知識

   

塗装業者について

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る