外壁塗装工事の見積り書

寿々家の小泉です。

外壁塗装工事をするために、まずいろいろな業者から見積りを取りますが、見積りの何を見比べればいいでしょうか?

見積り、見積もり

①すべての塗料が同じランクのものか

業者によって、見積もりに記載されている塗料の耐用年数が違っていたりします。

外壁よりも付帯、屋根は紫外線などの影響で傷みやすいので、外壁よりも耐用年数が高いものをおすすめしています。

ランクが低い塗料で塗装すると、外壁よりも先に付帯や屋根が傷んでしまいます。

見積りでは、値段を安くするために外壁以外の部分を耐用年数が浅い塗料でを使って見積りを出す業者もいます。


②塗料は何回塗りになっているか

外壁・屋根塗装の基本は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りです。

1つでも工程を省いてしまうと、塗料本来の性能が出ず、剥がれや膨れが起きやすくなります。

耐用年数も半分以下になることがあります。

悪質な行者だと、下塗を省いたり、中塗りをしなかったりなどで安い見積りを出すこともあります。


③ケレンが見積り項目に入っているか

ケレンとは、古くなった塗膜をはがしたり、さびを落とす工程のことです。

古い塗膜の上から新しい塗装をしてもすぐに落ちてしまうので、外壁塗装をする上でかかせない項目です。

ケレンを省いてしまうと、どんなにいい塗料を使っても意味がなくなってしまいます。

人件費削減、工期短縮のため、ケレンをやらない業者も中にはいます。

特にトタン壁・屋根、雨戸などの塗装がある場合は見積もりをもらったら、「下地処理」や「ケレン」の項目があるか確認しましょう。

④塗装面積の比較

外壁塗装面積は、業者によって算出の仕方がさまざまなため、違いが生じます。

面積が小さい業者を選ぶと、塗料が足りなくなってしまうことがあります。

また、外壁、足場、養生とすべて同じ外壁面積数で統一している業者は避けた方がいいでしょう。

普通は、足場面積>外壁塗装面積になります。

⑤塗装箇所がすべて書いてあるか

「見積り書にない項目の費用をあとで追加請求された」というのが外壁塗装工事のトラブル相談で最も多いです。

契約時の金額は安かったのに、施工中にあれもこれも・・・とどんどん追加され、金額が高くなってしまったという事例が多いです。

見積り書をチェックするときに、塗らなければいけない箇所の名前と金額がきちんと入っているかどうかを確認します。

2,3社へ見積りを頼むと、各社の違いがよくわかります。

ここの業者は入っている項目が、こちらの業者にはないという場合は、必ず確認をとり、その部分の塗装はどうするのか、これ以上お金がかからないのかどうかという確認もしましょう。

外壁塗装工事の見積りを取ろうと考えている方、ぜひ寿々家コーポレーションにお問い合わせください^^