水性塗料と溶剤塗料


寿々家の関野です。

外壁塗装の塗料には、水性・溶剤系があります。どのような違いがあるのでしょうか?

外壁塗装用の塗料に含まれる「顔料」「樹脂」「添加物」はそれぞれ液体ではなく個体なので、まず液体で薄めて壁に塗って乾かし、溶かした液体を蒸発させることで壁に密着させます。

このときに塗料を薄めるのが水であれば水性、シンナーなどの溶剤であれば油性塗料になります。

どれくらいの水や溶剤で薄めるのかは細かくメーカーによって決められており、塗料、塗り方、気候、天気などによって変わってきます。



塗料、ペンキ

油性塗料は希釈に使用する溶剤の違いで「強溶剤」と「弱溶剤」に分かれています。

以前は強溶剤で塗料を溶かす外壁塗装が主流でしたが、現在は人や環境面を理由に弱溶剤塗料が作られました。

弱溶剤塗料はシンナーの中でも比較的刺激がすくない塗料用シンナーで薄めて使う溶剤系塗料で、臭い、人体や環境への害も強溶剤に比べて少なくなっています。

油性塗料は水性塗料よりも艶が出やすいのですが、完全な艶消しができないため、和風のような仕上がりにしたい場合は向いていないでしょう。

【メリット】
・密着性が高く、はがれにくい塗膜
・施工性に富んでいるので下塗りが必要ない塗料もある
・強く強力な塗膜が作れる
・金属にも密着できる
・乾燥が早い
・艶が出て、維持しやすい

【デメリット】
・臭いがきつく、塗布する際は注意が必要
・有機溶剤を使用するため価格が高い
・保管が難しい
・取り扱いに注意が必要

水

水性塗料は水で薄めるため、シンナーを使用しません。

油性塗料ほどではありませんが、まったく臭いがしないというわけではないので、きちんと換気をする必要があります。


【メリット】
・臭いが少ない
・塗布中の近隣への影響が少ない
・油性塗料よりも保管が楽で危険性が少ない
・油性塗料よりも若干価格が安い


【デメリット】
・油性塗料よりも耐久性が低い
・鉄や金属など、塗布できない下地がある
・艶が維持できない
・塗布する際気候を選ぶ必要がある
(気温が低いと塗布できない、雨だと乾きづらいなど)


機能性で考えれば油性塗料の方が上ですが、水性塗料と油性塗料のどちらがよいのかどうかは、屋根や外壁の劣化状況や外壁の鉄部の有無によって変わってきます。

仕上がりの艶や施工中の臭いなど、若干の差がでてきますので、どちらがよいか悩んだ場合は専門の業者に、家の状況に適したものを選んでもらいましょう。