基礎のお手入れ

寿々家の関野です。

塗装工事の際、軽視しがちな場所が建物を支える「基礎」です。

基礎には、地盤と建物をつないだり、地面の湿気から建物を守る役割があります。

基礎がないとおうちの重みを支えるものがなくなり、地面の揺れが直接外壁に伝わったり、外壁に加わる力を逃がすことができずに、おうちの劣化を早めてしまう可能性があります。


基礎

<基礎塗装のメリット>
・基礎の吸収性を抑える
・防水性が高まる
・コンクリートの中性化を抑える
・美観性が高まる
・カビ、コケの発生を抑える

日本の住宅の基礎はコンクリートやセメント、モルタルが一般的です。

コンクリートやセメントは素材自体に防水性がなく、吸水性が高いです。

そのため、塗装をすることで吸収性を抑え、基礎に色も付き、美観性を高めることができます。

さらに、コケやカビの発生を抑え、美観を高めることができます。


基礎ひび

基礎を塗装しない場合のデメリットです。

日本の住宅の基礎で使われているコンクリートやセメント、モルタルには防水性がないため、水分を吸収します。

水分を含んだ状態で気温の変化により、乾燥と収縮を繰り返し、ひび割れが起こる可能性があります。

ひび割れからさらに水が侵入すると鉄筋の腐食、錆を引き起こしてしまいます。

コンクリートはアルカリ性で、空気中の炭素ガス、二酸化炭素が原因で中性化を起こします。

コンクリートが中性化することで、中にある鉄筋を腐食させます。

腐食した鉄筋は体積が膨張するため表面のひび割れを促進してしまったり、剥離や落下などを引き起こします。


基礎ガード塗料

基礎専用塗料があります。

〇菊水工業株式会社 「基礎ガード」

微弾性があり、基礎のひび割れに効果があります。

また、ポリマーセメント系塗材ですが、白華を抑え、上塗りをせずに仕上げることができます。

コンクリートの中性化を抑える機能、防水性、密着性もあります。

水系で環境にも優しい塗料です。

他にもさまざまなメーカーから塗料がでています。

外壁塗装工事を行うときは基礎のお手入れも行ってください!