塗装工事の保証・期間の落とし穴


寿々家の佐川です。


今回は、外壁塗装工事の「保障」についてです

会社によって、保証期間や内容も変わってきます。

塗料の種類による保証期間の例です。

ウレタン樹脂塗料・・・5~6年
シリコン樹脂塗料・・・7~8年
断熱塗料    ・・・7~8年
フッ素塗料   ・・・10年
光触媒塗料   ・・・10年

ただし、どんな不具合が出ても保証期間内であれば、なんでも直してくれる!・・・というわけではないんです
ペンキ

保証の対象になるのは、外壁塗膜の剥がれのみである場合が多いです。

つまり、塗装した木部や鉄部、サイディングの継ぎ目部分などに不具合が出たとしても、保証対象外とされてしまいます

また、外壁のひび割れは、家の構造体そのものや地盤、地震などの自然災害の影響、周辺環境の影響などでも発生することがあるため、対象外となることが多いです。

保証対象の部分はどこか?
→外壁の塗膜、鉄部、木部、シーリング、防水工事、タイルなど

どの状態を保養してくれるのか?
→塗膜の剥がれや剥離、膨れ、色あせ、ヒビなど

保証期間は何年か?
→5年、10年など、保証対象の部位それぞれの保証期間の確認

業者がどこまで保証してくれるのかを確認しましょう!


また、保証に関するトラブルで

・保証書を受け取っていなかった。
・施工不良個所が保証対象外
・業者が倒産して保証無効

このようなトラブルがよくあります。

口約束はせず、保証書を必ず受け取ること、保証書の内容をよく読み、詳細も説明してもらうことが重要です。


また、無料点検など、アフターフォローをしっかりとやってくれる業者を選ぶと安心ですね