外構塀の膨れ・剥がれ


寿々家の松井です。

家の外構塀が膨れてきたり、剥がれてきて気になる・・・といったことはありますか?

家の外回りにある外構は、ブロックやコンクリートブロックなどで塀を作り、
花壇として使われたり、防犯対策や衝突などの防御の効果があります。

実は、外構塀は塗装の膨れや剥がれのトラブルが多いです。

外構塀のブロック塀は湿度の高い庭の近くにあることや、雨によって湿度が上がった地面から水を吸い込みます。

吸い込まれた水は晴れると蒸発しようとし、塗膜を押し上げようとするため膨れや剥がれが起こります。

また、ブロック塀の裏側が花壇などにより土がある場合、その水分がブロックの表側にでてきてしまい、塗装面が剥がれる場合があります。

外構塀 剥がれ・膨れ

このように剥がれてきます。


外構塀を塗装する場合の注意点です。

・よく乾燥させてから塗装する
・水を入りにくくする
・水の逃げ道を作る

ブロック塀は吸収率が高く、庭の土などから湿気を吸いやすいため、数日かけてしっかりと乾燥させてから塗装します。

また、塀に防水塗料でしっかりと塗装をして、水が入らないようにすること、

溜まった水が逃げやすいように透湿性の高い塗料を使用することが重要です。


ブロック塀におすすめの塗料です。

アステックジャパン エクスファイン艶消し


エクスフィン塗料

ブロック塀専用の塗料で、低汚染性や透湿性に優れています。

透湿性が高いため、塗装後の剥がれや膨れが発生しにくいです!

また、近年ではデザインが豊富なジョリパットでの塗装も多いです。

ジョリパットはアルカリ性の材料のため、施工するときに鉄のコテを使用するとサビのようなシミが出ることがあります。

ジョリパットで塗装する場合、鉄ではないコテを使用します。

外構塀

外構塀は道路に面していることが多いため、通る人の目に入りやすいです。

塗装での色を選ぶときは、建物や周囲との調和を考えて決めるといいでしょう。