白で外壁塗装をする場合


寿々家の松井です。


今回は外壁塗装を白で行う場合についての記事です。


外壁塗装の色選びに悩まれる方は多いと思います。

白は明るく、開放感のあるイメージを与えることができ、人気の色です!

白で塗装をしているお家をよく見かけます!

しかし、白にも様々な種類があり、他の色との組み合わせによっても感じるイメージが変わってきます。

ナチュラルホワイト系
ナチュラルホワイト

一般的な白です。

安心感を与え、シンプルでどの色とも相性がいいです。


クールホワイト系
クールホワイト

青みのある白です。

涼しい印象を与え、繊細で清潔感があります。




ウォームホワイト系
ウォームホワイト

温かみのある白です。

黄色、オレンジ、赤系の色となじみやすいです。

<白塗装のメリット>

明るい印象を与える
 白はすべての色の中で一番明るい、明度の高い色です。
 光の反射が高くなり、輝くイメージになります!

外壁の温度上昇を他の色より抑制する
 光の反射率が強くなるため、暗い色よりも温度上昇が抑制されます。

家が開放感のある大きさに感じられる 
 明度の高い色は膨張職です。明るさのある白を使用すると実際の大きさより広がりを感じます。

組み合わせる色で印象を変化させることができる
 白は色味のない無彩色のため、主張しすぎません。
 例として、黒との組み合わせはクールなモダン、パステルカラーとの組み合わせはかわいくナチュラル印象に仕上げることができます。

様々な種類の中から選べる
真っ白、高級感、温かみを感じる・・・などイメージに合わせて選ぶことができます。

外壁塗装を白で塗装する場合、屋根や付帯部分の色は何色がいいでしょうか?

おすすめの色をご紹介します。

オフホワイト緑、白
オフホワイト系

優しいイメージの白です。

ナチュラルな印象に仕上げることができます。

明るいグリーンと合わせると爽やかになります。
アイボリーホワイト茶、白
アイボリー系

明るさの中に落ち着きを与えることができます。

ブラウン系の少し落ち着いた色と組み合わせることでクラシックな高級感が出ます。

クールホワイト+黒、白
クールホワイト系

ピュアホワイトやスノーホワイトのように青みを感じさせる真っ白はモダンのイメージになります。

現代的でモダンな雰囲気に仕上げることができます。

黒やグレー、ダーク系の色と組み合わせるのがいいでしょう。
白との組み合わせ例と印象です。

白+レンジ
暖かいオレンジと白で、明るいカジュアルな印象。
クールホワイトだと爽やかなイメージ。

白+グリーン
明るいパステルグリーン→爽やかな印象。
少し落ち着いたグリーン+アイボリー系の白→ナチュラルな印象。

白+ブルー
明るい白+暗いブルー→モダンな印象。
少し落ち着かせたい場合はウォームホワイトを使うといいです。

白+グレー
白+ミディアムグレー→都会的な印象。
少し明るいグレーを使うと、爽やかな印象。
ウォームホワイトは少し暗めのグレーが馴染みやすい。モダンな印象。


寺倉様邸
 
白での塗装でのデメリットは、汚れが目立つことです。

しかし、近年では汚れが付きにくい塗料もありますので、気になる方はこちらをおすすめします。

外壁に塗られている塗料の膜は、太陽光中の近赤外線により時間の経過とともに艶がなくなり、色あせします。

また、ホコリや藻、カビが付くことで美観を損なわれていきます。

低汚染塗料は、親水性があり、雨水で外壁の汚れを落とすため、汚れが付きにくです。

白で塗装したいけど、汚れが気になるという方は、超低汚染効果のある塗料をおすすめします!