強風によるカーポート屋根の対策

最近晴れが続いていますね

風が強いですよね・・・


みなさんのお家には、カーポートが付いていますか?


カーポートは雨風から車を守る役割がありますが、台風など強い風の影響でカーポートの屋根が飛んでしまうことがあります。

実は、カーポートの屋根は、あえて飛ぶように作られています。



カーポート1

カーポートの屋根をしっかりと本体に固定すると、強い風を受けた場合、本体ごと壊れてしまう可能性があり、本体が壊れると、買い替えが必要になる場合があります。

しかし屋根が飛ばされるだけであれば、屋根を取り付け直すだけで済みます。
多くのカーポートの屋根材として用いられている、ポリカーボネートは、風で飛ばされても破損しにくいので、新しく購入せずに、外れたものをまた使用できます!

カーポートは台風での破損を最小限にするようにできています。


車


あえて飛ぶように作られていますが、風で飛んだカーポートの屋根が車にぶつかってしまうと、

車を傷つけてしまう場合があります。

自分の家や、周りの家に飛ぶなどトラブルになることもありますので、

カーポートが台風の影響を受けないように、設置場所を考える必要があります。

カーポートを設置する場所や向きは、道路の位置や、自宅の敷地に合わせること、

風向きでも考えておく必要があります。

風が吹き上げる場所にカーポートを設置すると、風に煽られて屋根が吹き飛んだり、最悪の場合本体が倒れることもあるため、カーポートはできるだけ風が強く当たらない場所に設置しましょう。

風が強く吹く場所では、カーポートの屋根が風に煽られない向きに取り付ける必要があります。

カーポートは、風が吹くと揺れるため、壁ギリギリに設置することはやめましょう。
壁との間隔が狭いと、カーポートの屋根が壁にぶつかり壁を傷つけてしまいます。


風

設置場所に気をつけるべきとはいえ、建物や道路との位置関係を考えると設置場所は限られてくるため、台風で屋根が飛ばされないように対策をするべきです。

屋根材を補強する、支柱を補強するなどしておくといいでしょう。
屋根材は、針金などで本体としっかり固定して飛ばないようにしておきます。
ゴルフネットなどを被せておくのもいいでしょう。

屋根材が飛ばないようにすると、風が吹いたとき本体に負担がかかるので、本体もしっかりと補強する必要があります。
本体はロープで建物や重りに固定しておきましょう。

カーポートの種類によってはオプションの柱を取り付けて強度を上げることができます。
取り外しが可能なので、不要な時はしまっておくことができ、邪魔になりません。
「片支持タイプがいいけれど、風は気になる」という方は、オプション付きのものを選ぶといいでしょう。


カーポートには片支持タイプと両支持タイプがあります。

片支持タイプは支えが片側にしかないため風に弱いですが、両1台用のカーポートに多いです。

柱がない方が家の壁側にくるように設置するといいでしょう。

また、支持タイプは左右・前後を柱で支えているので、片支持タイプよりも風に強いです。


カーポートの屋根はポリカーボネートを使用したものと、金属の板を使用した折半タイプのものがあります。
折半タイプはポリカーボネートに比べて重く、しっかりと本体と固定されているので飛ばされにくいです。

カーポートがどのくらいの風に耐えられるのかは、メーカーのカタログやサイトで見ることができますので、カーポートを購入する際にしっかり確認しておきましょう!