七夕の風習

七夕

今日は七夕ですね!

あちこちで短冊を飾った笹が見られます


今回、七夕について調べてみました!


七夕といえば、織姫と彦星が7月7日だけ、天の川を渡り、巡り合える日ですよね。


琴座のベガ「織姫星」と、アルタイル「牽牛星」の2つの星が年に一度、天の川を挟み、最も光輝くそうです!

そのため、7月7日を織姫と彦星が巡り合える日として今の七夕の話がつくられました。


中国の行事から、7月7日の織姫星にあやかり、機織や複製が上達するようにお祈りをする風習ができました。

そこから、さまざまなお願い事をする風習が広まったそうです!


続いて、笹に短冊を飾る風習についてです。


願い事を短冊に飾る風習は、江戸時代に寺子屋で学んでいた人たちが、習字が上達するようにと短冊に書いていたことからきています。

また、笹は根強い、繁殖が強い、風雪寒暖に強いということから、神事に使われることが多く、

笹の触れ合う音は、神様を招くとされ、神聖なものとして扱われていました。

このことから、七夕の願い事は笹に飾るようになりました!


調べてみると、奥が深いですね!

七夕のお願い事はしましたか?

みなさんの願い事が叶いますように