タカラダニの駆除方法

寿々家の佐川です。


この時期、虫が多くて嫌ですよね

名前が分からない、真っ赤な小さい虫をよく見かけると思います。

その虫は「タカラダニ」という虫です。


世界で約40種類以上確認されている虫で、日本で確認されるタカラダニの多くは

「カベアナタカラダニ」という種類です。


アナタカラダニの特徴で、眼の後ろに「ウルヌラ」と呼ばれる穴を持つため、そこから由来されています。






タカラダニ


この虫がタカラダニです。

タカラダニはダニと違い、人をさすことはありませんが、万が一、潰してしまうと、

かゆみを伴う皮疹が現れ、ダニの体液がアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

見つけても決して潰さないようにしてください!



放水する、殺虫剤を使う、コケを除去して、タカラダニを駆除することができます。

しかし、タカラダニの駆除は簡単でも、再発生の予防法を取らないとまた5~7月になると発生してしまう恐れがあります。

そこで、最もおすすめしたい方法は、「防水材の塗布」です


塗る場所としては、産卵場所となりやすい、「壁の亀裂、壁と床の継ぎ目もわずかな隙間」に塗るとよいでしょう。


まずはその場所に放水、もしくは残効性のある殺虫剤で成虫の駆除を行い、防水材を塗布することでその年のタカラダニの再発生予防、また今後数年間の防除対策とすることが出来きます!


また、使用する塗料として、オススメなのが、「ウレタン防水材」です!

ウレタン防水材には「1液型」と「2液型」の2種類があります。

2液型は主材と硬化剤を混ぜて使用する必要があり、1液型は配合する必要がないです。

ですので、1液のものを使用するようにしましょう!

ただ、1液は、一度開封すると時間が経つにつれて硬化してしまうため使い切る必要があります。


タカラダニ防除を目的に購入する場合は、使用範囲に合った量を購入するようにしましょう!


壁面の亀裂や床面と壁の継ぎ目に塗装する場合は、こちらの商品が量も少なく使い切りに適しているためオススメです!

防水塗装

また、広範囲に塗装をしたい場合は、しっかりとした塗装業者にお願いすることをおすすめします。