サッシから雨漏れしたときは・・・


こんにちは!


月曜日は雨と風が強かったですね


台風のような、雨風がひどい時に窓のサッシから雨漏りがしていたり、

雨が降るたびにサッシから雨漏りしてくる、といったことはありませんか?


今回は、サッシからの雨漏れの原因と、台風などの雨風から来るサッシの雨漏り対策についてです!



台風
・窓枠のコーキング部分

窓枠と外壁の間の穴埋めにコーキングが使われますが、紫外線など、複数の原因で約10年前後で劣化し、ヒビ割れや、剥がれたりして隙間ができてしまいます。

劣化によってできた隙間から雨水が侵入し、雨漏りしてしまったり、サッシ同士の繋ぎ目も隙間が空いていることがあるので、コーキングが劣化していないか確認が必要です。


外壁のヒビ割れ

窓枠周辺の外壁にヒビが入っていると、そこからも雨水が入り込み、雨漏りの原因になります。

1㎝程度のヒビや数ミリの穴でも水が入り込み、時間の経過とともに雨漏りの原因にもなるので注意が必要です。

窓のサッシ近くではなく、もっと上の方の壁のヒビから壁の中に水が入り込み、サッシの所で雨漏りするというケースもあります。


窓の近くの屋根

雨漏りしている窓のサッシ付近に壁にくっついている屋根がある場合、

その境界部にひび割れや穴が開いていると、そこから壁の中を雨水が伝っていき、窓のサッシ近くのひび割れから雨漏りしてしまうということもあります。


窓の上部にある換気扇、配管などの外に繋がっている部分

雨水が入り込まないよう、ある程度は対策されていますが、台風などでありえない角度から、雨水が入ってくるとなると、対策は十分とは言えません。

また、その部分のコーキングの劣化による雨水の侵入も考えられます。

たとえ水が配管の中に入ってきたとしても、通常なら室内の方が水上となるように勾配がつけられるのですが、その勾配が不足していることがあり、室内に雨漏りしてしまうということも考えられます。


引き違いサッシの境目

台風などの風が強い時に起こりやすいのですが、後ろと前にサッシがある引き違いサッシは、上にレールがあり、サッシが挟まっています。

その挟んでいるところに真横から強い雨がふきこむと、雨が入ってしまうことがあります。

家の中にいると、サッシからポタポタと雨漏りしているように見えますが、実は横から吹き込んでいます!

こちらの対策に関しては、

・窓の外に雨戸やべニヤ板を張り付ける。

・雨戸の位置を変える

といった方法があります。


雨漏りをそのままにせず、業者に依頼したり、対策をしてみてください!