雨の名前

雨

今日は雨ですね


実は雨に名前や種類があるそうです!


今回は夏に降る雨の名前と種類をご紹介します


青葉雨、翠雨(すいう)、緑雨
 初夏に降る雨。青葉をつややかに見せることが由来。

瑞雨(ずいう)、穀雨(こくう)、甘雨(かんう)
 夏に穀物や草木を潤す恵みの雨。

喜雨(きう)・雨喜び(あまよろこび)・慈雨(じう)
 夏の日照りが続いた後に降る喜びの雨。

夕立(ゆうだち)・白雨(はくう)
 夏の夕方に降る激しい雨。

洗車雨(せんしゃう)
 七夕の前日の7月6日に降る雨。
 彦星が織姫に会う為、牛車を洗う水が雨になると言われています。

・洒涙雨(さいるいう)
 七夕当日の7月7日に降る雨。「織姫と彦星が分かれた後に流す寂しさの涙」、あるいは「会う事ができずに流す悲しみの涙」とも言われます。

・御山洗(おやまあらい)
 富士閉山の旧暦7月26日に降る雨。多くの登山者で汚れた富士を洗い清める雨のこと。

・半夏雨(はんげあめ)
 夏至から11日目の半夏生に降る雨です。

雨に名前があるなんてびっくりですね