紫陽花

紫陽花

この時期になると、あじさいがいろんなところで咲いていますね(^^♪


あじさいは「藍色が集まったもの」という意味の「あづさい(集真藍)」から名付けられました。

土壌の性質や、花咲いてからの日数で色に変化があるのが特徴です。

アジサイの花には「アントシアニン」という色素が含まれ、土から吸収されたアルミニウムが加わることで青みを帯びます。

土壌が酸性の場合、アルミニウムが溶けて吸収されやすく、あじさいは青みの花、

アルカリ性の土壌で育ったあじさいは赤みの花をつけます。

そのため、酸性の強い日本の土壌では青~青紫のアジサイが多く、アルカリ性の強いヨーロッパの土壌ではピンク~赤紫のアジサイが多く見られます。

またあじさいは、咲き始めは葉の色に近いクリーム色です。

日数とともに、水色→青→青紫→赤紫(ピンク)と花の色が変化します!


あじさいも花言葉があるのですが、実は、色によって花言葉が変わります!


・青、青紫・・・冷淡、無情、高慢、辛抱強い愛情、あなたは美しいが冷淡だ


・ピンク、赤紫・・・元気な女性


・白・・・寛容


色ごとに花言葉が決まっているなんてすごいですね!

紫陽花農園

ところで、茂原にある服部農園をご存知ですか?

この時期になると、多くの人が紫陽花を見に来ます!

機会があれば来てみてください♪