好きな漫画 part2

寿々家の佐川です。

前回に続き、好きな漫画を紹介したいと思います!

 

今回紹介する漫画は「暗殺教室」です!

2012年から2016年まで4年間、週刊少年ジャンプで連載していました。

斉木楠雄のψ難と同じく、アニメ化、実写映画化もされた人気作品です。

 


漫画2

あらすじがこちらになります。

 

月が爆破され、永遠の三日月になった。

そして防衛省特務部から派遣された男が、教室にやってきた。

それも、つい先日、月をえぐった、ひょうきんな顔の化け物を連れて。

男は言う。

「この化け物を来年の三月までに暗殺してくれ。報酬は百億だ」

 

そんな経緯で、山奥にある落ちこぼれの溜まり場『E組』は、化け物きっての要望で化け物が担任のおかしなクラスとなった。

軍や政府が何をやっても殺せなかったこの化け物は、『E組』の生徒にだけ、己を殺すチャンスを与える、と言ったらしい。

期限は『E組』が卒業するまでの一年。

それまでに殺せなければ、化け物は今度は地球を破壊するというのだ。

この一年で生徒たちは何を知りどう成長するのか。

地球の存亡を賭した、学校生活が幕を開ける。

 

落ちこぼれの生徒たちが、標的であるはずの担任、通称「殺せんせー」を狙いつつも、様々なことを教わりながら成長していくというストーリーになっています。

 

面白いのでぜひ見てみてください!