下屋根の葺き替え工事

寿々家の松井です。

今回は下屋根の葺き替え工事を行いました!
before
下屋根
vertical
after
下屋根
before
下屋根b
vertical
after
下屋根a

主屋根より一段下がった片流れの屋根が下屋根です。

下屋、差し掛け、差し掛け屋根という場合もあります。

下屋根は真央や軒先によく使われ、部屋に直接日光が入らないよう、庇のような効果や雨避けなどにも効果があります。

下屋根も屋根の修理は必要で、葺き替えやカバー工法などでメンテナンスをすることで、より住みやすい環境になります。

メンテナンスを怠たると、雨漏りや壁から水が入り家屋のダメージにつながることもあります。

下屋根は勾配が浅く、普通の瓦などで施工すると水はけが悪くなるため、瓦棒を使用する場合が多いです。

近年では、浅い勾配にも対応できて水はけがいいガルバリウム鋼板などが出ていたりと、大屋根に合わせたデザインを選ぶことができます。


屋根のメンテナンスをお考えの方、ぜひ寿々家コーポレーションまでお問い合わせください!