寿々家のコーキング

寿々家のコーキング
今回は、コーキングについてご紹介させていただきます!

現在の新築戸建住宅で一番多く使われている外壁材はサイディングです。

サイディング外壁は、目地をうめているコーキングが切れてしまうと雨漏りに繋がりかねません。

ですので、外壁塗装を行う際にはきちんとチェックしたい重要な部分です。



ただ、どの程度の亀裂までが危険かどうか分からず、工事の時期の判断は分かり辛いものです。

そこで今回は、サイディング外壁でコーキングが切れる3つのパターンについて解説します。

1,サイディングの特徴は?

 「サイディング」とは、サイディングパネルの略称です。

外壁を現場で塗っていくモルタルとは違い、あらかじめ工場で作ったパネルを現場で貼っていきます。

雨水が入らないように目地をコーキングで埋めなければなりません。

2,コーキング?シーリング?

 サイディングには継ぎ目があり、そこを埋めるためにゴム状の目地材を入れて埋めてあります。

 この目地材は、人によって

 「シール(材)」又は「シーリング」と呼んだり「コーキング」と呼んだりしますが、実はどちらも同じものです。

3,コーキングが劣化する時の3つのパターン

 ・コーキングの橋が切れる

 ・コーキングにヒビが入る 

 ・コーキングが外れている

この他にもたくさんあります!
寿々家のコーキング
寿々家のコーキング
サイディングの目地のコーキングが切れたり、ヒビが入ったりしませんか?

雨漏れなどの症状が出る前に、一時的な部分補修だけでも十分処置できます。

手が届く範囲だけでもご自身でやってみてもいいですね。

寿々家コーポレーションでは、こういった部分的な作業でも、承っております。

今後ともよろしくお願いします!