千葉市緑区 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉市緑区の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
           
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

外壁・屋根塗装に最適な季節(ベストシーズン)とは?

毎日の暮らしを支える大事なマイホーム。そんなマイホームも、永年住んでいると外壁の塗膜が剥がれて色褪せてしまいます。建築素材や塗料にはある程度の耐用年数が決まっているので、どうしてもその時期になればメンテナンスが必要になります。

本来、外壁塗装は外観をキレイにすることはもとより、その塗膜で建物を守る役割が重要です。では、外壁塗装工事を行うのはどんな季節を選べば良いのでしょうか?このページで解説します。

この記事のまとめ

外壁塗装工事をする場合、どの季節に工事を行うのかを考えることは非常に大事なことです。その季節によって費用に差がでる場合もあります。更には天候に左右されやすい外壁塗装ですから季節を間違えると工期が延びてしまうこともあります。

とはいえ、雪が滅多に降らない千葉エリアは、基本的にどの季節でも行うことは可能です。真夏や真冬だからといって塗装の仕上がりが悪くなるという訳でもありません。きちんとした業者なら雨や雪が降ったとしてもしっかり対処してくれます。

予算や生活リズムを中心に考え、季節は参考程度に考えても良いのではないでしょうか。必要に迫られた時がその時…、大事なことは、様々な気候的な諸条件に適切なアドバイスや対応をしてくれる業者を選ぶことです。

塗料はしっかり固まることで性能が発揮される

塗装は、その塗料が固まることによりその性能を発揮します。気温が低いと塗料が固まるのに時間がかかります。また、湿度が高い場合でも同じで、やはり塗料が固まるまで時間を要します。

この硬化の段階で埃が付着したり、結露の発生により水分が混ざってしまう可能性が高くなり、仕上がりや後の耐用性にも影響してきます。

塗り替え季節ごとのメリット・デメリット

外壁塗装に適した季節は、ある程度気温が高く空気が乾燥している時期で、春や秋が適しています。春や秋は塗装に適さない「気温5℃以下、湿度85%以上」という条件になることがほぼないためです。しかし、春にも秋にも雨は降りますし、台風の季節でもあります。

冬は常に湿度が低いので、塗料が乾燥するのに時間が短くてすむ場合もあります。真夏は昨今の地球温暖化によるゲリラ豪雨や天候不良の影響を受けるケースが増えています。

実際には通年で工事が可能ですが、春や秋だけではなく、夏や冬にも塗装工事を行うメリットがあるのです。

春(3月~5月)に塗装をするメリット・デメリット

■メリット
気温は暖かく湿度も塗装に適していると言えます。雨の影響が少なければ工事も順調に進みます。

■デメリット
3月は、季節の変わり目なので、春雨前線による影響による雨天の日も少なくないです。また、塗装業界にとっては繁忙期になるので、業者によっては工事の予約が取りにくい場合がありかもしれません。そして、この季節の心配に花粉の飛散があります。

しかし、花粉や埃のような微粒子が外壁に付着した場合でも仕上がりに大きな影響はありません。ただ、粒子が大きくなると塗装表面に凹凸が出来てしまうので強風の日は工事を避けた方が良い場合もあります。工程の最初の段階で必ず高圧洗浄機による洗浄作業が入るので、花粉や埃、粒子の大きな遺物も除去できますのであまり心配ないです。

夏(6月~8月)に塗装をするメリット・デメリット

■メリット
気温は暖かく晴れる日が多いので比較的適した季節です。塗料が乾燥するのに時間がかからないので、塗膜の硬化が早く工事も順調に進みます。

■デメリット
台風や昨今ニュースにもなるゲリラ豪雨の心配があります。台風ともなると塗装だけではなく、足場などを含めた現場全体が心配になります。また、工事中は窓を開けられないのでエアコンが必需になります。

そして、この季節の心配に梅雨があります。6月中旬あたりからほぼ1カ月の間がそれに当たります。やはり前述したように、雨が続けば塗装に適した季節とは言えませんが、塗装業界がやや閑散期になるので交渉次第では良い条件で工事が出来る可能性があります。

秋(9月~11月)に塗装をするメリット・デメリット

■メリット
気温は真夏の暑さも落ち着き、湿度共々工事に適しており良い季節と言えるでしょう。工事も順調に進むのではないでしょうか。

■デメリット
秋は台風シーズンです。秋雨前線もあり夏に比べれば雨天の日が多いかもしれません。工期の遅れも気になるところです。

そして、この季節の心配に台風があります。大雨で強風だと当然工事は出来ません。工事が進まないだけではなく、足場を含めた現場全体の保全も心配になります。台風の影響がなければベストシーズンとも言える季節なのでじっくり考えたい季節です。

冬(12月~2月)に塗装をするメリット・デメリット

■メリット
降雪地域でなければ乾燥しがちな季節なので、塗装面の乾きが早いでしょう。窓を開放する季節でもないので、極端に気温が低くなければ工事も順調にすすむでしょう。

■デメリット
気温が下がることによる凍結、降雪の心配があります。気温が5℃以下になると工期への影響も懸念されます。

そして、この季節の心配に降雪があります。降雪にもなれば作業も中断、積雪ともなれば天気が回復しても作業ができないこともあるでしょう。塗装面も塗料の伸縮や乾燥に影響があるでしょう。

ただし、千葉は北海道などの積雪地域と違い、滅多に雪が降らないので、施工管理さえしっかり行えば問題になることはないです。

8つの理由 ショールーム            

イベント情報

サイトメニュー

   

外壁・屋根塗装の基礎知識

   

外壁・屋根塗装の価格表

   

塗料に関する知識

   

塗装業者について

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る