千葉市緑区 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉市緑区の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
           
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

外壁塗装をする3つの目的と放置する危険性

住宅は、当たり前ですが新築から時間の経過とともに古くなります。すると外壁の塗装も劣化してきます。あまりに汚れたり、塗装がひび割れたりした家は美観も良くない上に、雨漏りや水分の侵入なども心配になります。

そこで、外壁を塗り直すことを考えなければなりません。では何故、外壁塗装工事というものが必要なのでしょうか。またそれによってどうなるのでしょうか。この点について説明していきます。

この記事のまとめ

外壁塗装工事の第一の目的は、見た目をキレイにすることではなく、塗料を塗って外壁をコーティングし、しっかり防水することです。風雨や紫外線など自然現象によるダメージを防ぎ、家を守ることで大事な我が家に永く住むことが出来るのです。

外壁・屋根塗装の目的

目的1.美観を良くする

時間の経過ですっかり色褪せてしまった外観は、塗装することでキレイになります。施主様の気に入った色合いにすれば、生まれ変わった我が家を自慢したくなるし誇りも持てるでしょう。また、キレイになった家は資産価値が高まることも期待できます。

目的2.防水機能を復活させる(建物の寿命を伸ばす)

家は、新築で完成したその瞬間から自然の脅威にさらされながら劣化していき、どんどん古くなっていきます。材質によっては水が染み込んだり、隙間やひび割れから水分が侵入します。水分の侵入は耐久性能を大きく悪化させてしまいます。

外壁塗装工事は、表面をキレイにすることは元より、実はこの水分の侵入を防ぐ、いわゆる防水性能の向上が目的なのです。この防水機能が役割を果たせば耐久性がアップし、家の寿命が延びることにつながります。すなわち資産価値もあがることになります。

目的3.特殊な機能性を付ける

外壁塗装は、断熱や遮熱といった快適な生活をサポートする効果を高めることも出来ます。遮熱は夏の暑い外気や、冬の冷えた空気の室内侵入を外壁が遮ることを、また断熱は夏ならばエアコンによる快適な冷気を、冬なら暖まった空気を外部に逃がさない性能です。最近ではその性能に特化した商品も開発され、生活の中で実感できることも実証されています。

また、外壁塗装をすることで防水性が向上し、壁材の腐食を防ぐことが出来ます。そうなると湿気の多い環境が出来なくなるので、カビの発生やシロアリの被害を無くすこともできます。

カビは、耐久性は元より衛生環境で住人に影響を及ぼす心配がありますので、そのような事態を防ぐことにも繋がります。

シロアリの繁殖は壁の耐久性に大きな影響があります。外壁塗装がシロアリ対策にもなることは非常に重要なことなのです。

放置するとどうなるのか?

家の外壁は経年劣化による損傷は必ず出てきます。色が褪せてしまうことは、見た目を気にしなければ塗装の必要は無いのかもしれません。しかし、塗装がひび割れを起こしたりすると、そこから雨漏りしてきます。

家の中まで水が入り込んでくることはあまりありませんが、壁の中に水分が侵入することは耐久性を大きく損ないます。外壁塗装で最も大事なことは「防水」です。

ここを疎かにしてしまうと、永く住めるはずの我が家が気づかないうちに大変なことになってしまうかもしれません。

8つの理由 ショールーム            

イベント情報

サイトメニュー

   

外壁・屋根塗装の基礎知識

   

外壁・屋根塗装の価格表

   

塗料に関する知識

   

塗装業者について

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る