千葉・東京 | 外壁・屋根塗装・見積り無料 | 寿々家(すずや)コーポレーション

千葉・東京の外壁屋根塗装のことなら寿々家コーポレーションにご相談ください

0120-417-338
           
電話対応 9:30~19:00(年中無休)
お問い合わせフォーム

外壁・屋根塗装の事前調査・現地調査はどのようなことをするか?

外壁塗装をする前にまず行うことが事前調査・現地調査です。調査を正確に行わなければ、建物や環境に合った塗装はできません。

このページでは、事前調査・現地調査の作業内容と重要性について説明します。

事前調査・現地調査とは


事前調査・現地調査とは見積書の作成にあたり、建物の形状や劣化状況、使用されている材質などを確認する作業です。この調査で適切な施工内容や必要となる材料などを判断するため、必ず行わなければなりません。

また、建物の状況だけではなく、立地や日当たりのよさなども確認することで、その環境に適した塗料を提案することが可能です。

費用は業者によって異なりますが、無料のとことろがほとんどです。時間は30分~1時間ほどかかります。


事前調査・現地調査はどのようなことをするのか

外壁の劣化状況を確認

  • まず目視でひび割れ、破損、コーキング劣化などを調査していきます。その際に実際に触って確認することで、チョーキングや浮きなどの状態も確かめることができます。

    また、サイディングの場合は反りや目地の割れも調査し、モルタルやタイル材の場合は打診用のハンマーで叩いて、音を聞いて浮きがないか判断します。

屋根の劣化状況を確認

  • 屋根の調査方法は業者によって異なり、実際に登って見る方法、ハシゴをかけて見る方法、カメラやドローンで撮影して見る方法などがあります。

    調査する際は外壁と同様に、目視で破損や漆喰の劣化、板金部の釘が浮いていないかなどを確認していきます。

面積の算出

  • 面接の算出方法は2つあり、図面をもとに専用のものさしで建物を計測していく方法と、図面なしで直接スケールなどを使って建物の面積を出す方法があります。

    ただ図面がある場合でも、実際とは面積が異なっていたり、図面に記載されていない部分もあるので、その場合は図面と照らし合わせながら面積を出していきます。

立地の確認

  • 立地の確認は日当たりの良さや海の近さなど、建物に影響を及ぼす要因の確認だけではなく、工事をスムーズに行うための周辺調査も併せてしていきます。

    例えば、道路の広さや駐車スペース、近隣との距離を事前に確認しておくことで、資材の運搬や足場の設置などが効率的に行えます。

事前調査・現地調査の重要性


前述の通り、事前調査・現地調査は建物の大きさ、使われている材質、劣化状況、立地など様々なことを確認するための重要な作業です。

一つとして同じ建物、同じ劣化状況は存在しないので、その建物に適した工事内容を提案するためにも時間をかけて調査する必要があります。


ドローンを使った現地調査について

  • 従来の屋根に登って調査する方法は、直接近くで見ることが出来る反面、登ったことが影響して屋根材が破損してしまうデメリットがありました。

    しかし、ドローンを使った調査であれば、屋根の登らずに安全かつ安心して状況を判断することが可能です。また、撮影した映像はタブレット端末で見ることができるので、お客様と一緒に確認できるメリットもあります。

まとめ

塗装をする建物や環境に合った見積書を作成するためには、事前調査・現地調査を必ず行わなければなりません。もし手を抜いてしまうとお客様の要望に応えられないだけではなく、施工不良に繋がる恐れもあります。

また、事前調査・現地調査の際は、お客様が業者と直接やり取りできる機会でもあるので、気になることや希望することなどがあれば相談してみるのもいいでしょう。

8つの理由 ショールーム ドローン赤外線調査    

お知らせ

サービス

外壁・屋根塗装の基礎知識

塗装業者について

塗装の価格や見積り

塗料グレード別、耐用年数と単価

色選び

雨漏り調査・補修

インフォメーション

社長ブログ スズヤブログ 塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 雨漏り119番
↓
お問い合わせ
ページトップへ戻る